2013年11月28日

解剖生理病理

お久しぶりです。
随分とご無沙汰してしまいました。
先週末は、大阪へ出張でした。

ハーネマンアカデミー大阪校で、2日間、解剖生理病理の授業を担当しました。
授業は東京校へも中継されました。

ハーネマンアカデミーの解剖生理病理の授業では、三木成夫氏の著書『生命形態学序説』を扱いますが、今回は『ヒトのからだ』を使いました。壮大な宇宙とのつながり、ヒトの構造と機能が、どのような歴史をたどって今のようになったのか、格調高い文章で綴られています。



読めば読むほど味の出る、素晴らしい文章なのですが、なかなか読むのに骨が折れます。
最近、『内臓とこころ』という本が文庫化されました。



これは、保育大学というところでの講演をまとめたものなので、とても読みやすくできています。
この文庫のあとがきに、解剖学者の養老孟司氏が「また三木先生の時代がやってくる、そんな気がしてならないのである」と書いています。
本当にそうあってほしいものです。
ぜひ、ご一読ください。



タグ :三木成夫

同じカテゴリー(書籍)の記事画像
ミラーニューロン
ディネシュ先生
似たものが似たものを治す
同じカテゴリー(書籍)の記事
 健康自立力 (2014-02-13 16:03)
 ミラーニューロン (2013-12-06 17:10)
 ディネシュ先生 (2013-11-14 00:01)
 似たものが似たものを治す (2013-10-29 09:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。