PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ at

2014年07月28日

独サッカーW杯優勝は、ホメオパシーのおかげ?!

FIFAワールドカップ優勝のドイツでは、プロサッカーチームのチームドクターのなんと92%が使っているという「ホメオパシー」。ケガの対処や予防に、選手の精神的なサポートに、副作用がまったくなく、ドーピング検査の心配も要らない。

今、こんな記事が話題を呼んでいます。訳してみました。ぜひお読みください。

独サッカー スター選手はホメオパシーに首ったけ!

どんなチャンピオンシップ大会であっても、勝利することは、ケガにどう対処するかにかかっている―あるいは、まずどのようにケガを防ぐかにかかっていると言っていい。ある新しい研究で、ドイツ代表チームは、現代医学よりも自然療法の方に並はずれた信頼を置いていることが分かった。

サッカー界では、スター選手がケガをしないようにするために、ちょっと変わった考え方と少なからぬ縁がある。1998年、当時のイングランドのコーチ、グレン・ホドルはワールドカップに信仰療法師を伴った―しかし役には立たなかった。イングランドはPK戦でアルゼンチンに破れたのだ。

ドイツサッカー医師団が痛みに対してどのように対処しているかの研究が公に発刊されたばかりであるが、ドイツの信頼は「ホメオパシー処方」にあることが明らかになった。

この研究は大手ホメオパシーレメディ製造会社の要請をうけてコブレンツの学術研究施設によって行われ、客観的なものと考えられる。それによると、ブンデスリーガ1部、2部のチームドクターのほぼ全員(92%)がホメオパシー治療を施していることが明らかになった。

その一人、バイエル・レバークーゼンのディーター・トゥルツォレックは、ちょっと皮肉っぽく「ドルイド(古代ゴール、ケルト族で信仰されていたドルイド教の僧;予言者・僧侶・妖術者でもあった)」というニックネームまでつけられた―彼が雇われているチームはアスピリンの会社がスポンサーになっているのだ。

WADA(世界アンチ・ドーピング機関)も怖くない

ホメオパシーは18世紀にドイツ人医師ザムエル・ハーネマンによって創始され、以来、熱い議論の対象になってきた。

科学的研究では、アルニカ、コロシンシス、リーダムといった多彩な名前を持つレメディを摂ることで、プラセボ効果以上の治癒効果があると明らかになったことはない。

その一方で、ホメオパシーレメディを摂る選手は、その他の化学的強壮剤を使用する選手と異なり、ドーピング検査を怖がる理由がない。

研究が行われた施設の主任研究員でありスポーツ医でもあるピーター・ビリグマンは、ドイツのニュース週刊誌「デル・シュピーゲル」のインタビューに答えてこう述べた。「成功秘話の数々は感動的なものです・・・ホメオパシーレメディには副作用がまったくありませんし、ドーピングに関しても心配ありません」

代替医療の薬箱

さらに、ドイツのサッカー選手が身体を良い状態に調整するために選ぶのは、ホメオパシーレメディだけではない。

ビリグマンの研究によれば、チームドクターの60%余りが鍼灸を用い、前ドイツ代表チームの選手、パトリック・オウォモイエラとヤン・シュラウドラフは、「自己治癒マネージメント」の権威、ホルガー・フィッシャーのクライアントだと報じられている。

一方、ドイツのディフェンダー、マルセル・ヤンセンは「キネシオテープ」のファンだと言われている。これは、医療用アクリル系接着剤の付いた多孔性の細長い綿織物で、身体の自己治癒機能を刺激すると考えられている。

選手がカーブのかかったクロスを上げたり、ペナルティキックを決めたりする能力に、テープやハーブ、自己治癒マネージメントが何らかの効果をもたらすかどうかは、スポーツ医学界の次世代の検討課題になるだろう。

しかし、ドイツの国際試合における比較的よい勝率をみれば、イングランドやオランダといったチームは、おそらくホメオパシーを試してみたいことだろう。

(ドイツの国際放送事業体ドイチェ・ヴェレのインターネットニュース、スポーツ欄)


  


Posted by てん at 15:05Comments(0)療法ホメオパシーサッカー

2014年07月02日

お腹の調子が悪いとき

早いもので、今日から7月。
今年の折り返し点に来ましたね。

この季節、怖いのは食中毒。
食中毒ではなくても、冷たいものを摂り過ぎて、おなかを壊すことが多いもの。

暑い日は、ビールがおいしいですが、飲み過ぎには要注意。
実は、ホメオパシーには、
二日酔いによいことで有名なレメディというのがあるんです。
だからといって、それに頼ってばかりではいけませんけどね。

海水浴に行ったら、魚介類もおいしいですね。
魚介類にあたったとき、使えるレメディ、なんていうのもあります。

おなかを壊したときの症状には嘔吐や下痢がありますが、
これらをむやみに止めることは、かえって危険なこともあります。
でも、嘔吐や下痢が続く時は、どうしたらよいのでしょう。

来週のホメオパシーカフェ in つくばでは、
そんなこんなについて、お話したいと思います。

-------------------------------------------
ホメオパシー・カフェ in つくば 第8回

素敵な空間でお茶とお菓子を楽しみながら、
ホメオパシーの世界へ足を踏み入れてみませんか?

ホメオパシーは、およそ200年前、ドイツで生まれた医療。
<似たものが似たものを癒す>という原理に基づいています。
自然界の物質から作られた<レメディ>を使い、
生命力を目覚めさせて心身の不調和を癒していきます。

第8回は、ホメオパシーについて、わかりやすく説明したうえで、
「胃腸のトラブル」で使えるレメディをご紹介します。

2014年7月9日(水)10:30〜12:00
受講料 ¥1,500
会場・申込 アート&カフェ サンゴミズキ
   つくば市天久保4-5-18 TEL: 090-4548-9740
講師 天井 周(てんじょう しゅう)
 ホメオパシーのお医者さん(紫峰の森クリニック)
 ハーネマンアカデミー講師 shushu@vesta.ocn.ne.jp
 Blog: http://tenten.tsukuba.ch/

第9回は9月10日(水)「発熱」についてお話しする予定です。