PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ at

2014年06月03日

高熱が出たら

毎日暑くて、体調を崩していらっしゃる方も多いかもしれませんね。

私のところにも、急性の症状について、いくつかご相談がありました。

そのひとつをご紹介します。

1歳のお子さんです。
38℃の熱がありましたが、元気だったので外に連れて行ったところ、帰ってきてから熱が上がりました。
頭も手足もとても熱いのですが、汗はかいていません。
涼しい風を当ててあげると気持ち良さそうにします。

熱が高い時、考えられるレメディはいくつかあります。




ベラドンナというレメディは、高熱で頭が熱くて、顔も熱くて真っ赤。
汗はかかず、乾いていて、手足が冷たいのが特徴です。




プルサティラというレメディは、やはり高熱がありますが、
じっとり汗をかいていることが多い。
喉はあまり渇いていないことが多く、風通しが良いところを好みます。
締め切った部屋が耐えられません。

このお子さんには、お母さんがプルサティラをあげていましたが、
あまり芳しくありませんでした。

熱が40℃を超え、心配になって病院へ連れていきました。
熱以外は特に問題になるような症状はなかったものの、
「これから他の症状が出てくるかもしれないので、明日また来てください」
と言われたそうです。

この時点でご相談を受け、私が選んだのはエイピス。
ミツバチから作ったエイピスというレメディです。



ミツバチに刺されると、赤く腫れ上がり、熱を持ってきますね。
また、ミツバチの巣はブンブンとはを動かす熱でとても温度が上がっています。

エイピスは、虫刺されや蕁麻疹にも使われますが、
喉の腫れなどにも使われます。
顔の浮腫みがみられたりしますが、ベラドンナほど赤くはなりません。
エイピスがよく反応するのは、暑がって、冷たい風に当たったり冷たいものを当てたりすると楽になるようなとき。

夜の間、このエイピスを水に溶かして何回か摂っていただいたところ、朝には38℃台まで熱が下がりました。
でも、そこからあまり変化しません。
一旦別のレメディで汗が出るようになりましたが、また熱が上がって、
ぐずりがひどくなったので、お母さんは再度病院へ連れて行きました。

そこで、「口蓋垂(喉ちんこ)が赤くボコボコと腫れているので、夏風邪でしょう」と言われました。
この症状はエイピスの症状ととても良く合っています。
再度エイピスのレメディに戻していただきました。

翌朝、38℃まで熱が下がり、機嫌が良くなって、いたずらを始めるまでになりました。

今回、よかったと感じたことが2つあります。

最近は病院でも、ちょっとした熱や風邪で、解熱剤や抗生剤を出さなくなっていること。
特に小児科では、この辺りが徹底されるようになってきているのではないかと思います。

そして、病院にかかったことで、より確信を持ってレメディを選ぶことができたこと。
必要な検査や診察によって、何が起こっているのかが分かるということは、レメディを選ぶ際にも大事なことです。

お分かりのように、レメディは解熱剤とは異なる働き方をします。
熱が下がるとしても、急激な不必要な下がり方はしません。
38℃台まで下がって、機嫌が良くなり、食欲が出て、という働き方になります。
熱というのは、本来、体が病原体と戦うために、必要があって出ているものです。
その働きをしっかり残したまま、むやみに体力を奪うような症状は軽減していく。
とても理にかなった働きをしてくれます。

病院では、不必要な解熱剤や抗生剤を使わないとなると、
我慢して寝ていなさい、と言われるだけになってしまいます。
せいぜい抗炎症剤や去痰剤を出すくらい。

もう一歩、体が楽になるような対処をするのに、ホメオパシーはとても役に立ってくれます。





  


Posted by てん at 16:05Comments(0)現代医学ホメオパシー

2013年11月18日

インドのホメオパシー

うちには、もうひとり、チェブラーシカがいます。白くてちっちゃいのが。
ちっちゃいので、2月にはインドへも連れて行きました。



ムンバイにあるアザーソングアカデミーというところで、約2週間のホメオパシー研修を受けてきたのです。
ここには、ホメオパシークリニックも併設されていて、ロビーには、こんな言葉が掲げられていました。



--------------------------------------------------------------------------------------------
ホメオパシーはすべてを治療できるわけではないと思っていませんでしたか。

信じられないかもしれませんが、ホメオパシーは、一般の薬で治療できる状態すべてを治療することができます。副作用はまったくなく、その効果は長期間続きます。外科的なものと信じられている状態―痔核、瘻孔、扁桃炎、虫垂炎—から、喘息、頭痛、慢性下痢症、消化性潰瘍といった慢性疾患、月経関連疾患、痛みといった女性の疾患、子どもの病気まで。

アレルギー、皮膚疾患の治療にも最適です。急性疾患において、ホメオパシーは他の治療よりも素早く作用することが分かっています。

末期のガンや進行した変性疾患はどの治療法によっても治癒不可能ですが、ホメオパシーは副作用を引き起こすことなく、症状を大幅に軽減することに役立ち、さらなる悪化を防ぎます。また、ホメオパシーは最も素晴らしい心身医学だと考えられていて、「問題」だけを扱うのではなく、健康全体を改善します。

また、ホメオパシーは動物の治療にも使われて成功を収めており、農業においても試みられています。
---------------------------------------------------------------------------------------------

インドでは、ホメオパシーの効果が医師の間でもしっかりと認められ始めていて、紹介患者のかなりの割合が医師からの紹介だそうです。見せていただいたライブケースでも、患者さんの口から「医師からホメオパシーを勧められた」という言葉が聞かれました。

日本でもこのようになることを願っていますが、そのためには、やはり実績を出さないといけないのだと思います。アザーソングアカデミーでは、現在のSynergyというメソッドに則るようになって80%の治癒率を出せるようになり、ようやくそのような認められ方をするようになったわけですから。  


2013年11月04日

国際セミナー申込開始! 今なら、アーリーバード特典適用!!

10月27日のブログでご紹介した国際セミナー、申込開始です。

現在、アーリーバード特典が適用されていまして、
11月30日(土)までにお申込いただき、12月4日(水)までにお振込いただいた方は、一般の方であれば3割引、同時に日本ホメオパシー協会にご入会いただければ、4割引となります。

今回のテーマは、主に2つあります。

「The future of japan」
医療従事者にとってホメオパシーをどのように位置づけてゆくのかなど、
これからの日本の医療全体を見据えたテーマです。
ホメオパスではない医療従事者の方々にもぜひ聴いていただきたい内容です。

「Taking the case」
ケースを取るに当たって自分の方法をどのように見つけ発展させてゆくのかなど、
より実践的なホメオパシーの力量を磨いてゆく内容です。
ホメオパシーにおいて、どのようにクライアントに接していくのか、ホメオパシーをご存知ではない医療従事者の方々にも、ぜひ聴いていただいたいと思います。

どちらのテーマも、ホメオパシーを学んでいらっしゃる方だけではなく、広く医療に携わる方々に聴いていただきたいものです。

ぜひぜひご参加ください。  


2013年11月01日

2013年10月30日

~ホメオパシーと現代医学との狭間で~

ハーネマンアカデミーの同期としてホメオパシーをともに学んだ、久さん(日本ホメオパシー協会会長/医師/ホメオパス)が、12月1日に東京でセミナーを開きます。題して
『~ホメオパシーと現代医学との狭間で~「現代医学への関わり方を皆で考える集い」』

ホメオパシーを利用する中で、いつ、どのような時に現代医学の治療を受けた方がいいのか、今その必要があるのか、ないのか・・・そのような判断に迷うことって、ありますよね。
あるいは、現代医学の治療を受けながらホメオパシー利用する場合、両方の間で何か困ったことはないでしょうか?

そのような疑問に答えてくれる、今までになかったタイプのセミナーです。
セミナーの詳細はもうしばらくお待ちください。
  


Posted by てん at 18:32Comments(0)セミナー現代医学